診療案内
症例集

ここでは、アサノ歯科で実際に治療した症例をご紹介しています。


症例 7 - 歯周病の補綴

歯周病(歯槽膿漏)で歯茎の弱った患者さんの治療です。

以下に治療方法の写真と説明を掲載します。

(補綴(ほてつ)とは歯を噛めるように作ることです)

歯周病の補綴 初診時レントゲン写真

初診時のレントゲン写真です。骨が少なくて、抜かなくてはいけない歯もあります。


歯周病の補綴 初診時の口腔内写真

初診時の口腔内写真です。固いものなどは満足に食べられませんでした。


歯周病の補綴 治療中

歯周病の治療が終わって、かぶせる処置に入りました。上の歯には仮歯が入っています。

歯の神経をできるだけ取りたくないので歯茎の上までの形成にした歯もあります。


歯周病の補綴 治療後

上下歯が入りました。上の歯も下の歯も、それぞれ全部つなげてあります。

これで以前よりずっと噛めるようになりました。

保険で治療したので、小臼歯より後ろは金属の歯になりました。



<< 前の症例へ     症例集のトップへ     次の症例へ >>

ホーム | 医院案内 | 診療案内 | よくあるご質問 | アクセス | お問い合わせ | プライバシーポリシー