診療案内
症例集

ここでは、アサノ歯科で実際に治療した症例をご紹介しています。


症例 15 - 歯の間の虫歯(前歯編)

よく頂くご相談の中に「前歯の歯と歯の間に虫歯が出来てしまったけど、どうやって治療するの?」

というのがあります。症例をご紹介します。

歯の間の虫歯 治療前 口腔内写真

右上2番目と3番目の間に虫歯があります。

茶色い穴が…。では虫歯を取りのぞいてみましょう。


歯の間の虫歯 治療中 虫歯を削る

少し削ってみましたが、案外虫歯が進行しているようです。

まだ茶色い虫歯がいっぱいです。


歯の間の虫歯 治療中 神経の露出

こんなに深い虫歯だったなんて…。患者さんは思いもしなかったでしょう。

このように見た目は小さくても、思いのほか深く進行していることはよくあります。

少し赤く見えるところがありますね。これは歯の神経です。

神経を取ると歯が死んでしまうので、できるだけ神経は取りたくないですね。

でも僅かな露出であれば、何とか神経を生かして治せる場合があります。


歯の間の虫歯 治療中 神経の保護

神経を保護するために、露出部分に薬をつけました。

このように深い虫歯の場合は、たとえ虫歯をきれいに取りのぞいても

神経へのダメージが大きくて、神経が死んでしまう場合があります。

経過観察が必要です。


歯の間の虫歯 治療後

保護した上にレジンという樹脂を盛りつけ、整形します。

レジンは何色もあり、歯の色に合わせて色を選択します。

このようにほとんどわからない状態に治療することができました。

※歯と歯の間の虫歯は、磨き残しが原因です。

 虫歯をつくらないよう、歯磨きを頑張ってくださいね。



<< 前の症例へ     症例集のトップへ     次の症例へ >>

ホーム | 医院案内 | 診療案内 | よくあるご質問 | アクセス | お問い合わせ | プライバシーポリシー